そこにForceはあるか!?TOP > ニュース全般 > 日馬富士の引退について思うこと

日馬富士の引退について思うこと


日馬富士が引退してしまいましたね。

「してしまいました」と書いたということでお察しの通り、
私は日馬富士の引退を「残念だ」と思っています。

もちろん、酒の席で後輩を暴行して怪我を負わすことは
悪いことだと思っています。

でも、今回の件は少々周りがガヤガヤ言い過ぎてる
感じがしています。

怪我が怪我ですから当事者同士で、、、というのは
難しいかもしれませんが、貴乃花親方が巡業部長という
立場なのに協会に報告する前に被害届を出したり、

日馬富士・伊勢ケ浜親方の謝罪を受け付けなかったり、
マスコミがヒートアップするネタが多すぎました。

それと、今の大相撲のモンゴル人力士や他の
外国人力士の多さを是としない人たちが
火に油を注いでいたのかなとおもいます。

それに、朝青龍や旭鷲山などモンゴルでの
加熱した報道も加わって、収拾がつかなくなってました。

先にも書きましたが、礼儀を失したからと言って
暴行するのはいけません。

でも、大相撲人気を考えれば、
内々に済ませることもできたのでは
ないのかなと思います。

当事者+親方同士で話し合って、
誠意を見せて解決できれば、
大相撲人気に水を差すようなことには
ならなかったと思います。

私はモンゴル人力士が居てくれたおかげで
今の相撲人気があると思います。

日馬富士の、小柄だけど俊敏で鋭いスピード感のある
取り組みをもう見れないと思うととても寂しいです。

カテゴリー: ニュース全般コメント(0)|2017年11月30日11:42 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。