そこにForceはあるか!?TOP > ニュース全般 > 稀勢の里・照ノ富士 立ち合い変化の評価

稀勢の里・照ノ富士 立ち合い変化の評価


大阪場所 千秋楽で連勝し優勝を決めた稀勢の里には感動しました。

自分も泣きそうでした。

二晩明けて、今朝見たYahoo!ニュースのこの記事には考えさせられました。

稀勢の里「奇跡の逆転優勝」にブーイングする人たちの言い分 (J-CASTニュース) – Yahoo!ニュース

自分も本割の稀勢の里・照ノ富士の一番で、稀勢の里が変化したことに対して何も思わなかったし、兎に角勝ってうれしかったと感じました。そして、事もあろうに「昨日照ノ富士は変化したんだから仕方ない」とまで思いました。

琴奨菊の大関陥落が決定的になった一番で、変化で勝った照ノ富士は、場内が割れんばかりのブーイングでしたし、自分も同じように思ってました。でも、先に挙げたYahoo!ニュースにあるように、照ノ富士だって膝の具合が悪くて止むを得ず変化したという事情だったわけで、相手が偶々大関復帰が掛かっている琴奨菊だっただけであんなにもブーイングが起きてしまったんです。

その日の解説の方が言ってましたが、「琴奨菊が終盤まで星を落とさなきゃよかったんだ」と言ってたを思い出しました。落とさなくていい星を落として、終盤の大関通しの取り組みで例え変化で負けても仕方ないですよね。

そして千秋楽の稀勢の里の一戦、、、何も考えずに稀勢の里の変化を是とした自分、前日の照ノ富士の変化は悪だと考えた時分を恥ずかしく思います。

立ち合いの変化は戦略だし、良いとか悪いとか考えない方が良いですよね。そんな風に思いました。途中まで照ノ富士の強気な表情を好ましく見ていたのに、琴奨菊との一番以降悪者に見てしまった自分が情けないです。白鵬も日馬富士も照ノ富士も鶴竜も、みんな今の大相撲を支えてくれた功労者です。悪者にしちゃいけません。本当に反省しています。

申し訳ありませんでした。

カテゴリー: ニュース全般コメント(0)|2017年3月28日8:02 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。